ニュースレター「自己剽窃対策について」

自己剽窃対策について

お世話になっています。
研究論文の学会誌投稿における「自己剽窃の指摘と、英文校正の関係」について考えてみたいと思います。

自分以外の研究者の執筆した論文と「類似性があってはならないこと」は誰でも容易にわかると思います。しかし、一人の研究者の研究課題は長年わたり一貫していることは普通と言えます。新規の発表内容であるにも関わらず、同じ研究者の書いた過去の論文と、再度、英文校正して投稿した新規論文の英語表現が共通していた為に「iThenticate 、eTBLASTなどの剽窃チェックツール」に自己剽窃とみなされてしまうことがあります。

そこで、そもそも自己剽窃とはなにか、何故問題なのか、
誰がそのように判断するのか、問題回避の方法があるのか考えていきたいと思います。

自己剽窃(Self-plagiarism)の定義
自分の過去の投稿論文の内容、あるいは図表を使用、あるいは変更したものを、原典の引用なしに、使用する行為、研究公正さ、研究倫理に違反する「盗用行為」に相当するもの。

A. 自己剽窃は何故問題なのか
(1)著作権の侵害、重複出版にもつながる可能性がある。
B. どの様に判断されるのか
(1)過去の論文で言及した内容が含まれるかどうか。
C. どうように判断するのか
(1) iThenticate 、eTBLASTなどの剽窃チェックツールで確認できる。
(2) 学会誌が使用する剽窃検知ソフトによって判定される。
D. 問題回避の方法はあるのか

(1) 引用元論文、出典先を明記しておく。
(2) カバーレターに「その旨」記載する。
(3) 過去に発表済み論文から引用した箇所に引用符をつけておく。

実は、ここからが本題です。何故かと言えば、上記は、どこにでも書いてある当たり前の話しであり、これらとは別の、「あまり言及されていないもっと現実的な問題があるのではないか」と思うからです。重要なのは「何をもって剽窃と判断するか」という基準と思われます。そもそも研究の内容が酷似しているなら、そして、それが指摘されるのは必然と言えます。それでは、英語表現の類似についてはどうでしょうか。小説であれば、言葉の表現は重要であり、別の内容でも、美しい、あるいは独特のリズム等、似ている表現が利用されれば「著作権に抵触して当然」と思われるのではないでしょうか。ここで科学論文に話を戻しますが、科学論文の世界で、新規発表内容を、同じ著者が、同じ専門用語で、類似の表現方法で執筆して、「それが自己剽窃と指摘されるとしたら」どうでしょうか。日本人の英語の表現力の範囲で、同じ専門分野の研究の延長線上での新発見を、同じ研究者が執筆すれば、似た様な表現は避けられない場合もあるのと思われます。そのようなケースでは、標準的な英文校正をおこなっても大きく変わりません。又、日本人研究者は、長期の留学経験のある研究者を除き、「英借文を基本とする日本の英語教育の影響」を受けてきている場合が少なくありません。実際に、某学会誌から、全く同じ内容で良いので、別の英語表現に変更して再提出するように指導が出たこともありました。今、この記事を読んで「問題の本質は、英語表現の類似性の方にあるのではないか」と思われた研究者の方も多数いらっしゃるのではないでしょうか。

こちらは決してあってはならないことですが、もし、悪意の第3者が、他人の論文の内容を盗用して、英文校正の段階で英語表現とデータを変えてから、投稿したらどうなるでしょうか。弊社は、剽窃チェッカーの開発会社ではないので、テストをすべき立場にはありませんので、テストはおこなっていませんが、理論的には「2019年現在の剽窃チェックツール」に引っかからないケースがあることが推測できます。おそらく、AIの発展で、解決できる問題とは思いますが、現在の剽窃チェックの問題は、やはり知っておくべきと思われます。

もちろん、弊社としては、英文校正を悪用した「加工盗用」で、学会誌に掲載されている論文が世界のどこにもないことを祈っています。

実際に、自己の過去の研究から発展させた新規内容を、同じ専門用語で、同じ表現方法で執筆し、英文校正後、学会誌に投稿して「剽窃チェックツール」にひっかかってしまった事例があります。学会誌の方から表現方法を変える様に指示があり、内容を変えないで「剽窃チェック」を意識して特殊なリライトおこなったケースがあります。そして、問題なく採択されています。こちらは、「正しい対応」と言えます。しかし、学会誌が「剽窃チェックツール」に過度に依存しないで、人手と時間をかけて、正しく剽窃チェックしていれば、このような対応は不要であったのではないかとも思います。

将来のAIの進歩による剽窃のチェックツールの進歩を期待したいところでありますが、現状における問題解決の方法のひとつとして、標準的な校正やリライトとは異なる「特殊リライト(割り増し料金+\500/100words)」の提供を始めさせて頂いています。こちらは(標準)リライトと併用できますので、ご指定箇所のみ特殊リライト割増料金の適用でお受け可能です。これまでの英文校正、英文添削、英文リライトと使い分けて戴ければ幸いです。

(注)大変恐縮ではありますが、英文校正(英文校正エキスパート、1st-tec英文校正)とは担当が異なりますので併用ができません。
標準の英文リライトと特殊リライトの併用は可能です。

株式会社 ドルフィン 代表取締役 小笠原壽男