ニュースレター「リライト(トップジャーナル向け)について」を掲載しました。

リライト(トップジャーナル向けの英文校閲)について

昨今、level2(英文校正エキスパート)に「校正の範囲を超える仕上がり」を期待される研究者の方が出てきています。本来、英文校正とは「著者の書かれた英文」を、ネイティブスピーカーに誤解されないレベルの正確な英語にブラッシュアップするものです。

しかしながら、「日本人の英語レベルによって」校正ではなくて、大幅なリライトが必要になってしまうケースがあります。特に、初めて、Nature (論文のアクセプト率、7%前後)やサイエンス(論文のアクセプト率6%前後)を目指す研究者には、level3(英文リライト)をお薦めしています。もちろん、このようなトップジャーナルであってもlevel2(英文校正エキスパート)で十分なお客様もいらっしゃることもあり、やや判断を難しくしています。

そこで、level2(英文校正エキスパート)で校閲してから、あとからlevel3(英文リライト)とすべきであったと「英文校正の完了後に再考される事になってしまった場合」も、「level2(英文校正エキスパート)の納品日から1週間以内」のご相談であり、はじめての「弊社発注案件」である場合は、当初のご依頼の英文校正の費用が無駄にならいないような「英文校正→リライト」へのアップグレードサービスを提供させて戴いています。

[Sample]

level3(英文リライト)では、level2(英文校正エキスパート)よりも、さらに踏み込んで、お客様をサポートすることが可能です。ここでは、研究課題について十分に言及がおこなわれているかどうか、研究結果を論理的に説明できているかどうか、出版倫理の遵守において編集者を説得できているかどうか等を、英文校正の段階で事前点検して、良い印象と大きなインパクトを研究論文に与えることができる様に改善する為のお手伝いをします。又、弊社で英文校正されてから投稿されている論文のrevise での査読者への回答の英文校正もおこなっています。

level3(英文リライト)では、自らの論文がNature等の一流誌に掲載された経験のある研究者出身の担当者が、査読の視点から、文章の流れも考慮して、流暢な英文に書き直します。お客様は、投稿前に「英文校正での弊社の英文校正者の指摘箇所の改善を検討すること」で、出版までの日数の短縮を図ることができます。

(注) level2(英文校正エキスパート)、level3(英文リライト)はiThenticateの自己剽窃チェック対策を目的としたものではございません。
(参考) ニュースレター「自己剽窃対策について」を掲載しました。

Face Book (フェイスブック)

株式会社 ドルフィン 代表取締役 小笠原壽男